手術の注意点と特徴

レディー

手術のリスク

ダイエットをしてもリバウンドしてしまう人や、忙しくて運動をしているひまがない人などにおすすめなのが「脂肪吸引」です。脂肪吸引とは、体についたむだな贅肉を吸引してなくす美容整形手術のことです。脂肪がなくなることで、苦しいダイエットをしなくても一日で理想のプロポーションになります。脂肪吸引手術はどこの美容外科でも行っているおなじみの美容整形ですが、とても難易度が高い手術として知られています。クリニック選びを間違うと失敗するリスクがあります。また、手術後のアフターケアもしっかりする必要があります。医師から指示されたとおりにアフターケアをしないと、あまった皮膚がたるんだり表面が凸凹になったりといった後遺症が残ることもあるので注意が必要です。最近は最新のベイザー派を使った「ベイザー脂肪吸引」というのがあります。ベイザー脂肪吸引は、ベイザー派を照射して脂肪細胞を取りやすくしてから吸引するシステムになっています。従来の手術よりも痛みや出血が少なく、皮膚を引き締めながら吸引できるのでアフターケアも楽です。多少手術費用が高くなりますが、手術のリスクを可能な限り回避したい場合はベイザー脂肪吸引を選ぶことをおすすめします。

ボディジェットとベイザー

脂肪吸引にはさまざまな種類があります。どの術式も脂肪をカニューレを使って吸引するのは共通していますが、その前後の処理のしかたが少し違います。「ボディジェット脂肪吸引」は、ジェット水流を流しながら脂肪を吸引する手術です。ジェット水流を皮下脂肪に流すことで、ターゲットとなる脂肪細胞が周辺にある血管や筋肉や神経などの組織から分離されます。そうすると周辺組織へのダメージが少なく、脂肪細胞のみを効率的に吸引できます。カニューレの先端からジェット水流が流れるような仕組みになっていて、吸引と脂肪細胞の剥離を同時にすることができます。吸引が終わったら切開部分に残った水分を吸い取り、縫合して完了します。「ベイザー脂肪吸引」では、カニューレを通す前に患部にベイザー派を照射します。これによって脂肪細胞が周辺組織から遊離されます。ボディジェットと同じように、周辺組織を傷つけずに脂肪細胞を吸引することができる仕組みになっています。ボディジェットもベイザー派も、従来の脂肪吸引よりもむらなくきれいに脂肪が取れる、血液や体液などが混じっていないきれいな脂肪が取れる、ダウンタイムが短く回復が早いというメリットがあります。