痩せやすくなる方法

花と女性

切らない痩身術

脂肪吸引と言えば、従来ではメスを使って皮膚を切り、そこから脂肪を絞り取るという方法でした。脂肪吸引をすることで、辛い運動や過酷な食事制限も必要なくなります。ダイエットが続かない人やリバウンドしてしまう人も気軽に痩せられます。ですが、体に傷がつくリスクがあったことや痛みの不安がありました。今は美容技術が発達して、切らない痩身術が一般的です。高密度超音波機器を使うことで、よりスピーディに痛みも少なく脂肪吸引することが出来ます。部位によって使われる機器も違ってきます。膝の上やアゴにつく脂肪には、熱を加えてから冷やすことで脂肪を分解するリポコントラストが使われます。落としにくい太ももには、加熱することで脂肪を燃やすライポソニックスが使われます。たるみやすい太ももの内側や二の腕には、脂肪を凍らせて分解するゼルディックが使われます。皮膚が薄くデリケートな顔には、脂肪を溶かすウルティマアンサンブルという機器が使われます。部位によって使用する機器は違いますが、どれも切開して脂肪吸引する従来のやり方とは違って脂肪を取りすぎることもありません。皮膚を傷付けるリスクも少なくなるので気軽に施術が受けられます。

多くの人が悩む部位

多くの人が悩む部位が太ももやお腹周り、二の腕です。これらの部位は、脂肪がつきやすく落としにくい部位になります。一度脂肪がつくと皮下脂肪は大きくなり、重さに耐えられなくなって皮膚がたるんできます。不規則な生活や加齢、出産や病気などあらゆるきっかけで脂肪が燃焼されずに溜まることで固まりになっていきます。高密度超音波機器の中でも、ライポソニックスは特に人気があります。ダイエットをしても落としにくい部位の脂肪を除去することが出来るからです。ライポソニックスは、皮下脂肪に厚みのある部位であれば全身どこでも治療することが出来ます。狙った部分だけ脂肪を除去し、脂肪細胞を減らすことに効果的です。二、三ヶ月くらい時間をかけながらゆっくりと脂肪が燃焼されていくので日々サイズダウンする実感があります。少しずつですが、確実に部分痩せが出来るので身体の負担も少ないです。痩せやすく、太りにくい身体づくりが出来るので施術後は身体が若返ったようにスリムになります。リスクを最小限にして、自分が望む体型になれるのが脂肪吸引です。ダイエットは減量が出来ても、部分痩せするのは難しいので部分的に痩せたい人から高評価を得ています。